講座案内

【講座案内】いつか英語でGood Job!

 

Advertisements
講義

ビジネスで英語よりも大切なのは?

姉妹サイトはこちらです。

英語でビジネス

国際化ということばが使われ始めたのは、

今から十数年以上も前のことです。

 

当時は、人類が初めて月に着陸した

アポロ11号をきっかけにした

「英会話ブーム」が落ち着いて、

日本が経済の高度成長期から派生した

バブル経済全盛で、猫も杓子も

海外、海外、というふうに

それまでの日本国内の価値観が

どんどん変わっていく過渡期だったような気がします。

 

ちょうど第一次日米自動車摩擦により

日本の自動車メーカーはどんどん海外へ

進出し、アメリカを中心とした現地生産化に

取り組んでいました。

 

規制緩和ということばが使われ始めたのも

ちょうどこの頃です。

日本はなんでも規制、規制で、

海外からの輸入品に税金やその他の諸費用が

かかりすぎるので、日本では市場を

拡大できない、と訴えたのですが、

その代表選手が自動車だったわけです。

 

確かに、規制が多すぎて、自動車を輸入するにも

これでもかこれでもかと手間がかかりすぎるのは

認めますが、日本での自社の自動車販売が伸びないのは

それだけではないような気がします。

いわゆる営業努力が足りない、というひとことに

なるのですが、同じ営業努力でも

日本人とアメリカ人では営業努力に対する認識が

違うようですね。

 

 

 

公平さとは

 

アメリカ人(だけではありませんが)は、

unfair アンフェア(テレビドラマではありません)を

嫌います。

 

つまり、fair フェア、平等である、または

平等に取り扱われるべきである、ということが

非常に大きな価値観のようです。

 

アンフェア、言い換えれば、差別、ですね。

もともとアメリカは、差別の国ですから、

差別のないという状態を常に維持できるよう、

また、差別のないということを決して忘れないように

差別しません、とか

平等です、あるいはフェアです、

というふうな自問自答をしているのでは

ないでしょうか。

 

人種差別、性差別は論外ですが、

ビジネスでの差別というのは、

ある程度避けられない場合もあります。

 

ビジネスでの差別、というのは

少し大げさな表現ですが、

要するにビジネスでの先行者利益、とでも

いえばいいのでしょうね。

 

先の日米自動車摩擦に関して言えば、

規制緩和の一貫として、米国からの輸入車に対する

関税を緩和するなど、販売価格に反映される税金などを

日本車と同じにする、ということで、

競争の公平性が保たれる、という認識だったんでしょうね。

 

また、日本から米国へ輸出されている日本車の台数よりも

米国から日本へ輸入されているアメリカ車の台数が

極端に少ないので、これを引き上げるべく、

日本の自動車メーカの米国での現地生産が解決策として

提示されたのではないでしょうか。

 

今日まで紆余屈折はあったにせよ、自動車製造は
日本が世界に誇る代表的な産業になりました。

でもそれは単純にアメリカでの現地生産のためとは
言えません。

現地生産はあくまでも、アメリカの自動車産業界と

公平に競争を行う上での手段にすぎません。

なぜ日本車がアメリカ人に好まれるのか、といった

分析をして、その結果を踏まえて、

絶え間ない経営努力を続けていった結果として、

世界に誇れる日本の自動車となっているのです。

 

 

 

 

 

絶え間ない努力を忘れずに!

 

日米自動車貿易摩擦をきっかけとして、

日本は、いわゆる国際化へと進み始めました。

国際化で最初にイメージするのは、やはり

英語ですね。

 

コミュニケーションの手段としての英語が

いつの間にか目的になってしまう場合も

あるのですが、安易に英語ができる、というような

特別意識は持つべきではないと思います。

 

英語ができるとは、

例えば日本語での情報を英語を理解する客先に

正しく英語で伝えることができる、ということです。

 

正しく英語で伝えるとは、正しい英語で伝える、

ということだけではありません。

 

例えば、「レバーを右に回す。」という表現を

英語で伝え用とする場合、

正しい英語で伝えようとすると、

 

Turn the lever to the right.

となるでしょう。

正しい英語、つまり、文法的にも

単語も正しい英語です。

 

もちろん、これで相手も理解できますが、

 

Turn the lever clockwise.

 

とすれば、正しく英語で、となります。

つまり、「レバーを右に回す。」の

「右に」とは

「時計方向に」ということですから、

clockwise という(文法的には)副詞を

使えば、もっと正しく英語で表現ができます。

 

このように、正しく英語で表現ができるように

するには、絶え間ない努力が必要ですよね。

 

決して、聞き流したり、読むだけではない、

英語でどの情報をどのように伝えるかが、

ビジネスの最前線では求められています。

 

それではまた、次回!

 

See you next time!

 

 

 

 

 

 

 

 

講義, Uncategorized

英語は度胸?

姉妹サイトはこちらです。

 

今回も

アメリカ滞在の続報です。

客先で昼食時に、

近くの(といっても車で15分ほどかかりますが)

レストランにいきました。

 

レストランというよりも

日本の大衆食堂のような場所なんですけど、

結構流行っているんです。

 

なぜかといえば、

食事が美味しいからなんです。

 

食事といっても、

チキンとか

サンドイッチなどばかりなんですが、

これがどういうわけかおいしい!

 

特にチキンは、絶品です。

いわゆる鳥の丸焼きのような感じで

時間をかけて鶏肉を炭火で

焼いているんですね。

 

日本の焼き鳥もそうですが、

炭火で調理というのは

万国共通の美味しい調理方法

なのでしょうか!?

 

 

そんなわけで、定員さんに

注文をするのも

当然ですが英語です。

しかも結構聞き取りにくいほど

早口で、なまりというか

アクセントにくせがあって、

とても聞き取りにくいんです。

 

まぁ、料理の注文なんで、

大体の見当がつくので、

わからないときは

テキトーに返事しておけばいいや!

など、すごく

いい加減ですが、

果たして注文道理の料理がでてくるかどうか、

やっぱりこれにも度胸が必要なんですね。

 

それではまた、次回!

See you next time!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動画講座

旅先便り

姉妹サイトはこちらです。

 

今、私はアメリカにいます。

季節は秋ですが、肌寒い気候です。

 

ご存知の通り、アメリカは広いですから、

同じ国でも、時差があるんですね。

 

今回は、アメリカテキサス州のヴィクトリアという

都市に仕事で来ています。

 

ヒューストンの空港から、車で約3時間ほどの

距離にある都市ですが、

田舎の雰囲気を残しています。

 

滞在しているホテルの様子です。

 

 

 

日本と違って、広い駐車場で

周辺を緑が囲んでいます。

 

なんか仕事をするのが嫌になるような環境ですね。

 

事前にホテルに部屋の予約をして、

当日のチェックイン時には、

氏名を伝え、パスポートと

クレジットカードを提示します。

 

そんなやり取りをすべて英語でするのですが、

アメリカなので当然といえば当然ですよね。

 

よく、ホテルの英会話というような本には、

 

I would like to check in, please.

というような表現が載っていますが、

簡単に、

Check in, please

で充分通じます。

 

その後、ホテルのフロントの係員が、

May I see your passport and credit card?

というような質問をしてきますので、

返事の代わりに、パスポートとクレジットカードを

手渡す、ということでも問題ありません。

 

その後は、部屋の番号とか、

朝食の場所や時間など、教えてくれます。

 

たとえ相手の言うことが

聞き取れなかったとしても、

聞き返すなどして、

必要な情報はしっかりと

取れるようにしておきましょう。

 

別にホテルのチェックインに

限ったことではなく、

さまざまな場面での英語での

やり取りに遭遇した場合に

英語よりも?重要になるのが

わからないことを繰り返し

尋ねる度胸?だと言えるかもしれません。

 

それではまた、次回!

 

See you next time!

 

 

講義, Uncategorized

初心者のための英作文レッスン       映画のタイトル

 

姉妹サイトはこちらです。

 

今回は外国の有名な映画やドラマの

タイトルを取り上げました。

 

英語のタイトルと

日本語のタイトルでは

受ける印象に違和感が あるかも

しれませんが、 それぞれの

イメージを 連想していってください。

 

 

 

外国映画のタイトルを

日本語にする場合には

どうしても

その映画の持つイメージを

中心に考えることになりますね。

 

また、宣伝効果も狙っているので

その映画の原題とは異なってしまうことが

よくあります。

 

もっとも最近の外国映画は

映画会社の意向もあって、

原題そのものを

カタカナにして映画のタイトルにする、

という傾向がみうけられます。

 

例えば、

今回の動画にも登場しましたが、

Mission Impossible

これは、もともと数十年前の

テレビドラマシリーズを

タイトルだけそのままに

映画化したものです。

 

日本でもテレビドラマとして

放映されましたが、

高視聴率を維持していました。

その時のドラマタイトルは、

「スパイ大作戦」 です。

 

これって名訳ですね。

原題 Mission Impossible

これを直訳すれば、

「不可能司令」とでもなるのでしょうか。

 

その「スパイ大作戦」が

映画化され、タイトルもズバリ、

MIssion Impossible

日本でのタイトルも

ミッション・インポッシブル

として、大ヒットしました。

 

シリーズ映画として、何本も

上映されていますので、

どちらかといえば、

 

ミッション・インポッシブル

は知っていても、

「スパイ大作戦」

は知らないという世代が

多いのではないでしょうか。

 

同じスパイ映画といえば、

ジェームズ・ボンドがあります。

日本で最初に上映されたシリーズ第一作が、

Dr. No

ドクターノー

でした。

 

残念ながら、最初の上映では、

日本語のタイトルとして

「007は殺しの番号」

でした。

冷静に考えれば、凄いタイトルですよね。

 

第二作目が、

From Russioa With Love

ロシヤより愛を込めて

 

これも最初の上映では、

「007危機一髪」という

今にすれば、典型的なスパイ映画の

題名ですね。

 

この第二作目が世界的に大ヒットし、

ジェームズ・ボンドは日本でも

幅広く知られるようになっていきました。

 

原作者のイアン・フレミングが

日本通?でもあったので、

原作の小説にも

日本を舞台にした話がありました。

それが、

You Only Live Twice

です。

 

この日本語タイトルは、

「007は二度死ぬ」です。

これって、名訳ですね!

 

その後主役のジェームズ・ボンド役は

初代のショーンコネリーから

六代目のダニエル・クレイグまで

いろいろと交代していきましたが、

ジェームズ・ボンド映画の人気は

衰えていません。

 

最新作(といっても2015年に上映されましたが)

Spectre

スペクター

は、原題をそのままカタカナ表記にしています。

 

小さなことですが、

この題名で

ジェームズ・ボンドが英国人であることを

暗に示唆しているのではないかとも言えます。

 

どうしてかって?

題名の綴りをみてください。

日本語で、スペクター

これが、原題は、Spectre

です。

 

例えば、

~の中心 という場合の

センターは

一般的に

center と教えられています。

 

これが、

centre でも 間違いではありません。

 

どうしてかと言うと、

center は

アメリカ英語

centre は

イギリス英語

の綴りだからです。

 

このことから、

スペクター というタイトルは

Sepcter

ではなく、

Spectre

つまり、

イギリス映画のタイトルだと

理解できますね。

 

このように

外国語(英語)を日本語にして

情報を伝える条件は、

単に文法的に正しくするだけではなく、

伝えようとする情報を取り巻いている

環境などがありますので、

必ずしも英語の文法どおりの日本語にする、

つまり、訳す、ということにはならないのですが、

基本は英文法ですから、

ぜひ中学校で習った英語の授業内容を

思い出していただいて、

必要とされる英語の情報を理解するのに

役立ててください。

 

それではまた、次回!

See you!