動画講座

英語で動画を説明してみましょう

 

 

 

姉妹サイトはこちらです

 

次の動画をみながら、英語で説明するための準備をしていきましょう。

わずか30秒ほどの動画ですので、それぞれの動画から

思い浮かぶ単語を日本語で次々と声に出してみてください。

繰り返し動画を再生し、思い浮かぶ単語をノートなどに

書き留めておいてください。

そして、ノートに書き留めた日本語の単語を

英語の単語にしてみましょう。

この時に、辞書などで調べてもらってもいいですよ。

全部調べ終わったら、英語の単語が羅列されているはずです。

その羅列されている英語の単語を組み合わせて、

あなたの説明文を作ってみてください。

さて、成果はいかに??

こちらの動画をご覧ください

 

Advertisements
Uncategorized

英作文に必要なこと

ビジネス英語入門

姉妹サイトはこちらです

英作文という表現がいいのかどうかわかりませんが、

英語で仕事をしていくためには、相手にこちらの言うことを

ちゃんと伝える必要があります。

その伝える手段として、口頭であれば

英会話、

文章であれば、

英作文、

と区別することができますね。

英会話については、

巷に溢れかえっている教材から

いかに需要があるかがわかります。

でもその教材のほとんどは、

ひょっとすればあまり効果のきたいできないもの

だったりするかもしれませんね。

すべての教材を調べたわけではないので、

何の根拠もありませんが、

わたしの経験から判断して、

即習を謳っている教材ほど

あまり効果が期待できなかった、

ということがありました。

でも、溢れかえっている教材は

別の意味では、

多種多様な英語学習者の要求に

合わせているとも言えますよね。

英会話の場合、

相手にこちらの情報が伝わればいいので、

その手段が、ジェスチャーであっても、

対象物を指さしていても、

その目標が達成できていれば、

問題ありません。

もちろんこれは、極端な例ですが、

口に出してことばを伝えるという意味での

会話が成立していけばいいわけです。

さて、英作文ですが

これは文字として表現が書面に残りますので、

それこそちゃんとした文章を書いていく必要があります。

当事者が忘れてしまっていても、後で振りかえって

こんなことを言っているなど、問題になることがあるので

そこはちゃんとした文章で、適切な表現をしなければ

後々もめることにもなりかねませんよね。

そこまで大げさにかんがえなくても、

どうせなら、間違っていないというか

正しい文章を書きたいと思うのは当然のことです。

それが日本語ならば、なんとかなるにせよ、

英語であれば、どうしたらいいかわからない、

というのが現実ですね。

わたしたち日本人は、中学校から英語を習います。

試験の成績は別にして、このときの英語が

基本となっているということにほとんどの場合、

誰も気がつかないようです。

学校を卒業して、社会人として仕事をしていくようになって

授業としての英語には遭遇しなくても

仕事として英語に接する必要がある、というのが

ほとんどではないでしょうか。

そんな時に英作文の目安になるのは、

やはり英文法です。

英文法といっても試験のための英文法ではなく、

ちゃんとした文章を作るための英文法です。

日本語でも文法があって、わたしたち日本人は

無意識にその文法の規則を使って日本語の文章を

作っています。

また、無意識に日本語の文法を使って、

日本語で会話しています。

同じように英語を使う場合には、

英語の文法、つまり英文法の規則を使って

文章を書いたり、会話をしたりする必要があります。

その場合に、中学校の英語授業で学んだことを

思い出していけば、ちゃんと文章が書けたり、

会話できたりしていきます。

難しい言葉で言えば、潜在意識の活用、です。

今回は、少し堅苦しい説明になってしまいましたが、

重要ですので、充分に理解しておいてください。

それではまた、次回!

See you next time!

あなたのための英作文レッスン

↓ ↓ ↓

こちらもご覧ください

View original post

Uncategorized

英作文に必要なこと

姉妹サイトはこちらです

 

英作文という表現がいいのかどうかわかりませんが、

英語で仕事をしていくためには、相手にこちらの言うことを

ちゃんと伝える必要があります。

その伝える手段として、口頭であれば

英会話、

文章であれば、

英作文、

と区別することができますね。

英会話については、

巷に溢れかえっている教材から

いかに需要があるかがわかります。

でもその教材のほとんどは、

ひょっとすればあまり効果のきたいできないもの

だったりするかもしれませんね。

すべての教材を調べたわけではないので、

何の根拠もありませんが、

わたしの経験から判断して、

即習を謳っている教材ほど

あまり効果が期待できなかった、

ということがありました。

 

でも、溢れかえっている教材は

別の意味では、

多種多様な英語学習者の要求に

合わせているとも言えますよね。

英会話の場合、

相手にこちらの情報が伝わればいいので、

その手段が、ジェスチャーであっても、

対象物を指さしていても、

その目標が達成できていれば、

問題ありません。

もちろんこれは、極端な例ですが、

口に出してことばを伝えるという意味での

会話が成立していけばいいわけです。

 

さて、英作文ですが

これは文字として表現が書面に残りますので、

それこそちゃんとした文章を書いていく必要があります。

当事者が忘れてしまっていても、後で振りかえって

こんなことを言っているなど、問題になることがあるので

そこはちゃんとした文章で、適切な表現をしなければ

後々もめることにもなりかねませんよね。

そこまで大げさにかんがえなくても、

どうせなら、間違っていないというか

正しい文章を書きたいと思うのは当然のことです。

それが日本語ならば、なんとかなるにせよ、

英語であれば、どうしたらいいかわからない、

というのが現実ですね。

 

 

わたしたち日本人は、中学校から英語を習います。

試験の成績は別にして、このときの英語が

基本となっているということにほとんどの場合、

誰も気がつかないようです。

学校を卒業して、社会人として仕事をしていくようになって

授業としての英語には遭遇しなくても

仕事として英語に接する必要がある、というのが

ほとんどではないでしょうか。

 

そんな時に英作文の目安になるのは、

やはり英文法です。

英文法といっても試験のための英文法ではなく、

ちゃんとした文章を作るための英文法です。

日本語でも文法があって、わたしたち日本人は

無意識にその文法の規則を使って日本語の文章を

作っています。

また、無意識に日本語の文法を使って、

日本語で会話しています。

同じように英語を使う場合には、

英語の文法、つまり英文法の規則を使って

文章を書いたり、会話をしたりする必要があります。

 

その場合に、中学校の英語授業で学んだことを

思い出していけば、ちゃんと文章が書けたり、

会話できたりしていきます。

難しい言葉で言えば、潜在意識の活用、です。

今回は、少し堅苦しい説明になってしまいましたが、

重要ですので、充分に理解しておいてください。

それではまた、次回!

See you next time!

 

 

あなたのための英作文レッスン

↓ ↓ ↓

こちらもご覧ください