Uncategorized

このカバン、どこへ置いたらいいですか?

今回は、英作文の観点から

英語を組み立てていきます。

 

「このカバン、どこへ置いたらいいですか?」

 

このような表現を英語ではなんと言えばいいでしょう。

文法的にいえば、

この文章は疑問文、つまり相手に質問をしています。

疑問文ということは、

主語の前に、

do

does

をつけることになります。

 

「このカバン、どこへ置いたらいいですか?」

 

疑問文にする前に、

肯定文を考えてみます。

 

「このカバン、どこへ置いたらいいですか?」

の意味から推測して、

「このカバン」の置き場を探していると

理解できます。

 

このカバン の置き場が、

例えば、テーブルの上、であれば、

「このカバンはテーブルの上に置きます。」

という説明文になりますので、

これを英語にすれば、

This bag is left on a table.

This bag is located on a table.

などと表現できます。

 

ただ、「~に置きます。」

とこれから起こることを説明していますので、

現在形ではなく、未来形にして、

This bag will be left on a table.

This bag will be located on a table.

とするほうが、和文の意味に近いと思います。

 

しかしながら、

「このカバンはテーブルの上に置きます。」

の意味を更に考えると、

上記で説明した、

現在形や未来形では、

「このカバンはテーブルの上に置きます。」

の大前提となっている、

「ひと」の動作が表現できていません。

 

「このカバンをテーブルの上に置く」 のは

「あなた」であるかもしれないし、

「彼」や「彼女」であるかもしれません。

言い換えれば、

だれであれ、このカバンを置くのは、

テーブルの上

ですよ、と情報を伝えているのです。

 

「このカバンはテーブルの上に置きます。」

とは

言い換えると

「このカバンはテーブルの上に置いてください。」

となります。

 

そうであれば、

Please leave this bag on a table.

Please locate this bag on a table.

などと表現できます。

 

この表現は、

「わたし」が

「あなた」や

「彼」、「彼女」に対して

「このカバンはテーブルの上に置いてください。」

と伝える場合には適切です。

 

でも

もっと不特定多数というか

一般的な情報として

伝える場合には、

別の言い方をします。

 

This bag should be left on a table.

This bag should be located on a table.

このような表現があてはまりますね。

 

「置かれる」よりも「置く」

 

This bag should be left on a table.

This bag should be located on a table.

 

This bag is left on a table.

This bag is located on a table.

 

This bag will be left on a table.

This bag will be located on a table.

 

このすべての英文に共通するのは、

受動態、つまり受け身 ということです。

 

カバンが置かれる ためには

ひと の動作が必要ですが、

これまでの英文では、

そのような「ひとの動作」を

暗示することはできても、

「だれが」カバンを置く のか

特定していませんし、

文章の意味から考えて、

「だれが」と特定できません。

 

そんなときには、

「このカバン」に動作させる

文章にします。

 

つまり、

This bag will be left on a table.

ではなく、

This bag will go on a table.

とします。

 

直訳すれば、

「このカバンはテーブルの上に行く。」

という意味です。

 

また、

This bag should go on a table.

であれば、

「このカバンはテーブルの上に置いてください。」

という意味になります。

 

これを

「このカバン、どこへ置いたらいいですか?」

という疑問文に応用します。

 

どこへ とは 場所を尋ねる疑問詞ですから、

where

を使います。

 

そして、

このカバン、どこへ置いたらいいですか?

は、

 

Where should this bag go?

 

と表現します。

 

カバンの動作が伝わってきそうですね。

 

それではまた、次回。

 

See you next time!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Advertisements