英作文

英作文課題E-001 解説

姉妹サイトはこちらです。

 

今回は、

課題の回答について

解説をしますね。

 

課題E-001は

次の通りでした。

 

1.これは良い本です。

2.あれは本物の花ではない。

3.この少年たちは中学生です。

4.これらの車はとても高い。

5.これで作業者の部品の取り扱いに手を使わないですむ。

 

おそらく、1~4までは簡単にできたのではないでしょうか。

念の為、それぞれの英文を載せておきます。

 

  1. 1. This is a good book.
  2. 2. That is not a real flower.
  3. 3. These boys are junior high school students.
  4. 4. These cars are very expensive.

 

日本語の文章に限らず、

英語の文章をみても

簡単な単語ばかりですから、

中学校の英語の授業を思いだされたかもしれませんね。

 

さて、それでは5はどうでしょう。

 

  1. 「これで作業者の部品の取り扱いに手を使わないですむ。」

 

作業とか、部品、取り扱いなど、

 

和文を読んでも、

少しむつかしい?単語がでてきていますね。

 

そして、和文を英文にしやすいように

意味を考えながら、変更してみます。

 

  1. 「これで作業者の部品の取り扱いに手を使わないですむ。」

まず、主語は、

「これで」になります。

英文は主語のあとに動作を表すことば、つまり動詞が

きますから、

主語「これで」のあとには

動詞「~ですむ。」となります。

 

主語 動詞「これで」「~ですむ」のあとは、

和文の意味から、

「何をしない(で)」と考えれば、

英文がつくりやすいと思います。

「何をしないで」には

「何をしないで」の説明が必要です。

 

ここでは、

(作業者が部品の取り扱いに)手を使わない(ですむ)

ということですね。

「作業者が部品の取り扱いに(手を使わないですむ)」は

「手を使わないですむ」ことの詳しい説明です。

 

ここまでをまとめると、

 

「これで」「~ですむ」「手を使わない」「作業者が部品の取り扱いに」

 

となって、

日本語としては理解できない文章になっています。

そこで、

英文にしやすいように、少し変更してみます。

 

「これで」「~ですむ」「作業者が部品の取り扱いに」「手を使わない」

 

これを和文の意味を考えながら、

そのまま英文にしていきます。

 

This will help operators use no hands when handling parts.

 

これは訳例で、

絶対ということではありません。

別の表現も考えてみてください。

 

それではまた、次回!

See you next time!

 

 

 

 

 

Advertisements
英作文, Uncategorized

英作文課題 E-001

姉妹サイトはこちらです。

 

 

今回は、簡単な英作文に取り組んでみましょう。

 

どれも、中学英語で充分説明できますので、

 

頑張ってみてください。

 

1.これは良い本です。

2.あれは本物の花ではない。

3.この少年たちは中学生です。

4.これらの車はとても高い。

5.これで作業者の部品の取り扱いに手を使わないですむ。

 

あなたの回答を下のフォームから

お送り下さい。

 

 

コメントを付けて、返送させていただきます。

 

英作文

画像をみて英作文! 課題番号C-01

姉妹サイトはこちらです。

 

さて、今回は

画像をみてイメージを連想する練習をします。

下の画像をご覧ください。

これは、ノートブックパソコンですね。

わたしたちは、いまでこそ当たり前のように

コンピュータを使っていますが、

最初のコンピュータはどんなものだったのでしょう。

この写真をみて、最初のコンピュータについて

イメージを膨らませていってください。

参考までに、最初のコンピュータについて

箇条書きにした説明文を載せておきます。

まず、この説明文を英文にする、

(つまり英作文ですね、)ことから始めて

いただいてももいいですよ。

1.最初にコンピュータのような機械を発明したのは、

イギリスの数学者、チャールズ・バベッジ

(1792-1871)でした。

2.バベッジは巨大な計算機を設計し、

アナリティカル・エンジンと呼びました。

この計算機は理論的にはプログラムが可能であり、

様々な数学計算が実行できるようなものでした。

3.しかし、この計算機はその時代にはあまりにも

発展した考えであったので、実際には作ることが

できなかったのです。

4.充分な動力を供給する方法がなかったため、

アナリティカル・エンジンの歯車やその他の
可動部品を動かすことができなかったのです。

今回の英作文課題について、

あなたの回答を下のフォームより

お送りください。

後ほど、コメントをつけてお返しします。

 

それではまた、次回お会いしましょう!

See you next time!

英作文

あなたの英語の知識、眠ってませんか?

眠っている英語力〜潜在意識から顕在意識へ〜

突然難しい表現がでてきたので、

びっくりされているかもしれませんね。

でもこのような堅苦しい表現が

あなたの英語力を蘇らせることができる方法を

伝えているのです。

少しがまんして読んでいってください。

授業としての英語

今は小学校から英語を学んでいたりしますし、

お稽古としての幼児の英語教室なんかも人気があるようです。

日本社会全体として英語熱は高いと言えますよね。

では、日本の経済を支えている企業で仕事をされている

あなたはどうでしょうか?

一般的に、日本では中学、高校と少なくとも英語を6年間

勉強されてきたと思います。

さらに大学などに進学されていれば、

それ以上に英語を学んできているはずです。

ざんねんながら、そうした年数の割には

多くの方が英語を話せないというのが現状ですね。

英語が話せるひとたちの多くは海外留学、海外赴任の経験が

ある場合が圧倒的に多かったりもします。

つまり、必要に迫られて、英語圏で生活をしていた人が語学を

身につけているということです。

では、そうした経験が無い場合は英語力を身につけることは

できないのでしょうか?

そんなことはありません。

例えば、ある英単語を見た時に、意味は思い出せなくても、

「確か昔、習ったような単語だな〜」と

感じることはあると思います。

それは、その英単語が潜在意識にはあっても、

眠っている状態なのです。

これを顕在意識へと引出すことが出来れば

英語力が圧倒的に伸びてきます。

つまり、あなたの英語力はゼロなのではなく、

潜在意識に眠っている

状態だと言うことです。

眠っている英語を思いだしてみましょう!

それでは、あなたの英語力を思い出せるよう、少し演習してみましょう

次の写真をご覧ください。

golden-gate-bridge-388917_1280

この写真に写っているのは、橋ですね。

どこの橋は気にしないで、この写真から

あなたが思い浮かぶことを

箇条書きにしてみてください。

例えば、

01.橋

02.海

03.島

04.観光旅行

05.大橋

06.自動車

07.生活

08.台風

09.災害

10.避難

など、いろいろと関連付けていってください。

そして、

それぞれ単語を英語では何というか、

つまり英単語を横に書いていってください。

例えば、

01.橋  bridge

02.海     sea

03.島     island

04.観光旅行   trip for sigthseeing

05.大橋   large bridge

06.自動車   car

07.生活     life

08.台風    typhoon

09.災害   disaster

10.避難   evacuation

最初は10個の単語を1セットとして、

数回繰り返してみてください。

意外と英語が出てくることに

気がつかれるかもしれませんよ。

これが終わましたら、

その英単語ひとつひとつを組み合わせて、

一つの文章を作ってみてください。

例えば、

橋が見えます。   I can see a bridge.

私は観光旅行に行きました。  I took a trip for sightseeing.

などです。

最初は日本語の文章だけで構いませんので、

いろいろな文章を作っていってください。

そしてその文章のなかの単語をそれぞれ

英単語に置き換えていってください。

そうすると、

例えば、

橋が見えます。   bridgeが見えます。

私は観光旅行に行きました。  わたしは trip for sightseeingに行きました。

などです。

最後は、この日本語をどのように英語で

表現すればいいか、

英語の参考書などで調べていってください。

今度は

次の動画をご覧になってください。

上記のような画像が数枚でてきます。

それぞれの英単語を書いていってください。

↓ ↓ ↓

英語でなんていうでしょう

この作業でどうしても英語がわからない、とか

英語の文書を作ったんだけど、

確認してほしい、という場合には、

以下のメールアドレス宛に

質問や作成された英文をお送りください。

その際には、

あなたのお名前(ハンドルネーム)を

お知らせください。

折返し、お返事させていただきます。

↓ ↓ ↓

aservice760@gmail.com

それではまた、次回!

See you gain next time!