講座案内

【講座案内】学ぶ Learn 英作文レッスン いつか英語でGood Job!

Advertisements
講義, Uncategorized

初心者のための英作文レッスン       映画のタイトル

 

姉妹サイトはこちらです。

 

今回は外国の有名な映画やドラマの

タイトルを取り上げました。

 

英語のタイトルと

日本語のタイトルでは

受ける印象に違和感が あるかも

しれませんが、 それぞれの

イメージを 連想していってください。

 

 

 

外国映画のタイトルを

日本語にする場合には

どうしても

その映画の持つイメージを

中心に考えることになりますね。

 

また、宣伝効果も狙っているので

その映画の原題とは異なってしまうことが

よくあります。

 

もっとも最近の外国映画は

映画会社の意向もあって、

原題そのものを

カタカナにして映画のタイトルにする、

という傾向がみうけられます。

 

例えば、

今回の動画にも登場しましたが、

Mission Impossible

これは、もともと数十年前の

テレビドラマシリーズを

タイトルだけそのままに

映画化したものです。

 

日本でもテレビドラマとして

放映されましたが、

高視聴率を維持していました。

その時のドラマタイトルは、

「スパイ大作戦」 です。

 

これって名訳ですね。

原題 Mission Impossible

これを直訳すれば、

「不可能司令」とでもなるのでしょうか。

 

その「スパイ大作戦」が

映画化され、タイトルもズバリ、

MIssion Impossible

日本でのタイトルも

ミッション・インポッシブル

として、大ヒットしました。

 

シリーズ映画として、何本も

上映されていますので、

どちらかといえば、

 

ミッション・インポッシブル

は知っていても、

「スパイ大作戦」

は知らないという世代が

多いのではないでしょうか。

 

同じスパイ映画といえば、

ジェームズ・ボンドがあります。

日本で最初に上映されたシリーズ第一作が、

Dr. No

ドクターノー

でした。

 

残念ながら、最初の上映では、

日本語のタイトルとして

「007は殺しの番号」

でした。

冷静に考えれば、凄いタイトルですよね。

 

第二作目が、

From Russioa With Love

ロシヤより愛を込めて

 

これも最初の上映では、

「007危機一髪」という

今にすれば、典型的なスパイ映画の

題名ですね。

 

この第二作目が世界的に大ヒットし、

ジェームズ・ボンドは日本でも

幅広く知られるようになっていきました。

 

原作者のイアン・フレミングが

日本通?でもあったので、

原作の小説にも

日本を舞台にした話がありました。

それが、

You Only Live Twice

です。

 

この日本語タイトルは、

「007は二度死ぬ」です。

これって、名訳ですね!

 

その後主役のジェームズ・ボンド役は

初代のショーンコネリーから

六代目のダニエル・クレイグまで

いろいろと交代していきましたが、

ジェームズ・ボンド映画の人気は

衰えていません。

 

最新作(といっても2015年に上映されましたが)

Spectre

スペクター

は、原題をそのままカタカナ表記にしています。

 

小さなことですが、

この題名で

ジェームズ・ボンドが英国人であることを

暗に示唆しているのではないかとも言えます。

 

どうしてかって?

題名の綴りをみてください。

日本語で、スペクター

これが、原題は、Spectre

です。

 

例えば、

~の中心 という場合の

センターは

一般的に

center と教えられています。

 

これが、

centre でも 間違いではありません。

 

どうしてかと言うと、

center は

アメリカ英語

centre は

イギリス英語

の綴りだからです。

 

このことから、

スペクター というタイトルは

Sepcter

ではなく、

Spectre

つまり、

イギリス映画のタイトルだと

理解できますね。

 

このように

外国語(英語)を日本語にして

情報を伝える条件は、

単に文法的に正しくするだけではなく、

伝えようとする情報を取り巻いている

環境などがありますので、

必ずしも英語の文法どおりの日本語にする、

つまり、訳す、ということにはならないのですが、

基本は英文法ですから、

ぜひ中学校で習った英語の授業内容を

思い出していただいて、

必要とされる英語の情報を理解するのに

役立ててください。

 

それではまた、次回!

See you!

 

英作文

英作文課題E-001 解説

姉妹サイトはこちらです。

 

今回は、

課題の回答について

解説をしますね。

 

課題E-001は

次の通りでした。

 

1.これは良い本です。

2.あれは本物の花ではない。

3.この少年たちは中学生です。

4.これらの車はとても高い。

5.これで作業者の部品の取り扱いに手を使わないですむ。

 

おそらく、1~4までは簡単にできたのではないでしょうか。

念の為、それぞれの英文を載せておきます。

 

  1. 1. This is a good book.
  2. 2. That is not a real flower.
  3. 3. These boys are junior high school students.
  4. 4. These cars are very expensive.

 

日本語の文章に限らず、

英語の文章をみても

簡単な単語ばかりですから、

中学校の英語の授業を思いだされたかもしれませんね。

 

さて、それでは5はどうでしょう。

 

  1. 「これで作業者の部品の取り扱いに手を使わないですむ。」

 

作業とか、部品、取り扱いなど、

 

和文を読んでも、

少しむつかしい?単語がでてきていますね。

 

そして、和文を英文にしやすいように

意味を考えながら、変更してみます。

 

  1. 「これで作業者の部品の取り扱いに手を使わないですむ。」

まず、主語は、

「これで」になります。

英文は主語のあとに動作を表すことば、つまり動詞が

きますから、

主語「これで」のあとには

動詞「~ですむ。」となります。

 

主語 動詞「これで」「~ですむ」のあとは、

和文の意味から、

「何をしない(で)」と考えれば、

英文がつくりやすいと思います。

「何をしないで」には

「何をしないで」の説明が必要です。

 

ここでは、

(作業者が部品の取り扱いに)手を使わない(ですむ)

ということですね。

「作業者が部品の取り扱いに(手を使わないですむ)」は

「手を使わないですむ」ことの詳しい説明です。

 

ここまでをまとめると、

 

「これで」「~ですむ」「手を使わない」「作業者が部品の取り扱いに」

 

となって、

日本語としては理解できない文章になっています。

そこで、

英文にしやすいように、少し変更してみます。

 

「これで」「~ですむ」「作業者が部品の取り扱いに」「手を使わない」

 

これを和文の意味を考えながら、

そのまま英文にしていきます。

 

This will help operators use no hands when handling parts.

 

これは訳例で、

絶対ということではありません。

別の表現も考えてみてください。

 

それではまた、次回!

See you next time!

 

 

 

 

 

講義

英語の文章構造について

姉妹サイトはこちらです。

 

今回は、

少しむつかしいかもしれませんが、

英語の文章構造について、

説明します。

 

英語の文章構造、つまり

英文法

ですね。

 

英文法、ということばに

アレルギーになっているかもしれませんが、

英文法はわたしたちが

英語の文章を作るために

必要不可欠な知識なのです。

 

英文法の前置きはこれまでとして、

英語の文章は実際にどのような組み立てに

なっているのかを考えてみましょう。

英語には必ず主語がある

 

これって当たり前?なのかもしれませんが、

日本語の場合と比べてみれば

簡単に理解してもらえると思います。

 

日本語の例文(和文)

 

今日は雨が降ります。

 

英語の訳文(英文)

 

It rains today.

 

さて、この和文と英文で

それぞれの主語は何でしょう。

 

 

和文

 

今日は雨が降ります。

 

英文

 

It rains today.

 

そもそも主語とは、対象となる文章で

中心となる人やモノのことで、

その人やモノがどんな動作をするか、

文章という形で情報を伝えていくわけです。

 

今回の例文では、

 

和文

 

今日は雨が降ります。

 

この文章が伝えているのは、「雨が降る」

ということで、しかも「今日」という

限定条件がついています。

そして、「雨が降る」のですから、

主語は「雨」で間違いありません。

 

英文

 

It rains today.

 

英文では、文章の最初に主語がきます。

ただし、疑問文や命令文などの場合は違いますので、

あしからず。

 

さて、この英文では、It が最初にありますので、

主語ということです。

そして、rains という単語が続いていますが、

これは、「雨が降る」という動詞、つまり動作を表す

単語です。

英文では、主語の次に動詞が続く、という決まりがあります。

つまり、これが英文法の規則です。

 

 

和文には主語がない?

 

 

今日は雨が降ります。

 

という和文の主語は

「雨」だと説明しましたが、

 

It rains today.

 

という英文の主語は雨ではありませんね。

 

この英文から和文をみれば、

和文には主語がない、ということに

なるかもしれませんね。

 

しかしながら、和文と英文は

言語構造が全く異なっているので、

同じ主語、と

考えないほうがよいかもしれません。

 

英文法では、

このような主語が It の場合を

仮主語と説明しています。

つまり、本当の主語は

「雨(が降ります)」ですが、

天候等を表現するときには、

文字通り、Rain falls down today.

などではなく、

It rains today.

のほうが英文として自然だということです。

 

 

このように、

和文と英文を比較してみれば、

それぞれの文章を組み立てる発想が違う

ということが理解できると思います。

 

少しむつかしかったかもしれませんが、

しっかり理解してくださいね。

 

 

それではまた、次回!

See you next time!

英作文, Uncategorized

英作文課題 E-001

姉妹サイトはこちらです。

 

 

今回は、簡単な英作文に取り組んでみましょう。

 

どれも、中学英語で充分説明できますので、

 

頑張ってみてください。

 

1.これは良い本です。

2.あれは本物の花ではない。

3.この少年たちは中学生です。

4.これらの車はとても高い。

5.これで作業者の部品の取り扱いに手を使わないですむ。

 

あなたの回答を下のフォームから

お送り下さい。

 

 

コメントを付けて、返送させていただきます。