講義

英語の文章構造について

姉妹サイトはこちらです。

 

今回は、

少しむつかしいかもしれませんが、

英語の文章構造について、

説明します。

 

英語の文章構造、つまり

英文法

ですね。

 

英文法、ということばに

アレルギーになっているかもしれませんが、

英文法はわたしたちが

英語の文章を作るために

必要不可欠な知識なのです。

 

英文法の前置きはこれまでとして、

英語の文章は実際にどのような組み立てに

なっているのかを考えてみましょう。

英語には必ず主語がある

 

これって当たり前?なのかもしれませんが、

日本語の場合と比べてみれば

簡単に理解してもらえると思います。

 

日本語の例文(和文)

 

今日は雨が降ります。

 

英語の訳文(英文)

 

It rains today.

 

さて、この和文と英文で

それぞれの主語は何でしょう。

 

 

和文

 

今日は雨が降ります。

 

英文

 

It rains today.

 

そもそも主語とは、対象となる文章で

中心となる人やモノのことで、

その人やモノがどんな動作をするか、

文章という形で情報を伝えていくわけです。

 

今回の例文では、

 

和文

 

今日は雨が降ります。

 

この文章が伝えているのは、「雨が降る」

ということで、しかも「今日」という

限定条件がついています。

そして、「雨が降る」のですから、

主語は「雨」で間違いありません。

 

英文

 

It rains today.

 

英文では、文章の最初に主語がきます。

ただし、疑問文や命令文などの場合は違いますので、

あしからず。

 

さて、この英文では、It が最初にありますので、

主語ということです。

そして、rains という単語が続いていますが、

これは、「雨が降る」という動詞、つまり動作を表す

単語です。

英文では、主語の次に動詞が続く、という決まりがあります。

つまり、これが英文法の規則です。

 

 

和文には主語がない?

 

 

今日は雨が降ります。

 

という和文の主語は

「雨」だと説明しましたが、

 

It rains today.

 

という英文の主語は雨ではありませんね。

 

この英文から和文をみれば、

和文には主語がない、ということに

なるかもしれませんね。

 

しかしながら、和文と英文は

言語構造が全く異なっているので、

同じ主語、と

考えないほうがよいかもしれません。

 

英文法では、

このような主語が It の場合を

仮主語と説明しています。

つまり、本当の主語は

「雨(が降ります)」ですが、

天候等を表現するときには、

文字通り、Rain falls down today.

などではなく、

It rains today.

のほうが英文として自然だということです。

 

 

このように、

和文と英文を比較してみれば、

それぞれの文章を組み立てる発想が違う

ということが理解できると思います。

 

少しむつかしかったかもしれませんが、

しっかり理解してくださいね。

 

 

それではまた、次回!

See you next time!

Advertisements
英作文, Uncategorized

英作文課題 E-001

姉妹サイトはこちらです。

 

 

今回は、簡単な英作文に取り組んでみましょう。

 

どれも、中学英語で充分説明できますので、

 

頑張ってみてください。

 

1.これは良い本です。

2.あれは本物の花ではない。

3.この少年たちは中学生です。

4.これらの車はとても高い。

5.これで作業者の部品の取り扱いに手を使わないですむ。

 

あなたの回答を下のフォームから

お送り下さい。

 

 

コメントを付けて、返送させていただきます。

 

講義

画像を見て英作文  課題番号C-02

引き続き、コンピュータからの課題です。

下の写真は、少し前の世代のコンピュータです。

この写真からコンピュータについて

どんなことが説明できるか、考えてみてください。

念の為、初期のコンピュータに関する

説明を以下に載せておきます。

この説明を英文にしてもらってもいいので、

あなたの回答を下のフォームから送ってください。

コメントをつけてお返しします。

それではまた、次回!

See you next time!

初期のコンピュータには真空管がありました。

次の時代、つまり1950年代後半の
コンピュータには
トランジスタが使われていました。

1960年代には第三の時代がやってきて、

集積回路が使われました。

1970年代は第四の時代であり、LSI、

なわち大規模集積回路(マイクロチップにたくさんの

小さいトランジスタをのせたもの)が使われるようになりました。
どの時代もそれまでよりも小さくて

高性能なものへと変化していったのです。

 

講義

画像をみて英作文! 課題番号C-01 関連知識

 

姉妹サイトはこちらです。

 

さて、今回の課題ですが、

 

古いコンピュータの画像がありました。

 

そのコンピュータそのものについての歴史や

 

コンピュータに関する知識などがあれば、

 

英作文していくのに役立ちます。

 

今でこそ、コンピュータはどんなものだというのが

 

理解できますが、コンピュータとはcomputerという単語で、

このcomputerはcompute =計算する という動詞から派生して、

 

「計算をするもの」という意味で、computerとなりました。

 

また、コンピュータの機械そのものを意味する単語に、

 

ハードウェア=hardwareがあります。

 

このhardwareは、それだけでは「金物」という意味があります。

 

この「金物」から派生して、コンピュータの意味でも

 

使われるようになりました。

 

確かに、初期のコンピュータは、画像のように大きな鉄の箱で

 

覆われていましたので、「金物」といったイメージですね。

 

コンピュータの構成について簡単に説明します。

 

コンピュータは、上記で説明した

 

「ハードウェア」と「ソフトウェア」で構成されています。

 

コンピュータの機械自体を上記の通り、

 

ハードウェア、コンピュータを稼働させるために

 

ソフトウェアと総称される

 

「プログラム」(program)が必要になります。

 

プログラムは仕事の段取りや手順を命令コードとして

 

記述したもので、コンピュータへの指令計画書として

 

働きます。

 

コンピュータはプログラムを

 

ハードウェアの中に内蔵しています。

 

次はプログラム言語の説明です。

 

上述したようにコンピュータが仕事をするためには

 

命令(instruction)が必要になります。

 

しかし、命令といってもむやみやたらに

 

羅列すればいいというわけではなく、

 

規則性のある体系立ったものが必要になります。

 

この命令体系をプログラム言語といいます。

 

これを用いて仕事内容を指示したものを

 

プログラムといいます。

 

主なプログラム言語として

 

汎用言語(general purpose language)

 

というものがありますが、

 

これは文字どおりいろいろな問題に

 

柔軟に対処でき、我々が一般に使用している言語です。

 

更に、これは低水準言語と高水準(高級)言語に分けられ、

 

前者は機械語(machine language)、

 

後者にはBASICやFORTRAN、C言語といった

 

耳慣れた言語が含まれます。

 

以上の背景知識を踏まえて、コンピュータについて

 

英語で説明できるようにしていきましょう。

 

直接的に関係のある知識ではありませんが、

 

コンピュータに関する情報として、蓄積していくことで

 

日本文で説明することができるようになって、

 

最終的にはその日本文を英文にしていく、

 

つまり英作文ができるようにしていきましょう。

 

それではまた、次回お会いしましょう!

 

See you next time!